【体験談】アメ車の3列目のシートで女友達とカーセックスした話

Uncategorized

19歳の時の話です。免許を取った時は親の車を借りて乗っていたのですが、どうしてもアメ車が欲しくて、19歳の時にアメ車を買いました!

ワンボックスタイプのアメ車だったので、3列目のシートがベットになっていました。シートに戻すこともできたのですが、女友達を乗せた時に、そのままカーセックスができるのが便利で、普段からベットのままにしてありました!

この話は、10年近く前の話なのですが当時は年上の彼女がいたのですが、女友達とも良く遊んでいました。

僕の彼女は(仮)マキにします。付き合っていた時は4つ年上で23歳でした。仕事が忙しく月に数回しか会えない彼女でした。

女友達も数人と遊んでいたのですが、1番仲良しだったのが、同じ19歳の(仮)ユウコでした。ユウコとは高校に入学した時に知り合い、付き合った事は無いのですが、2人で遊んだ時にキスをしていました。

彼氏がいたので、セックスする事をユウコは嫌がっていたのです。「でも、キスはどれだけしてもよいよ!」と、言ってくれていました。16歳で知り合った時からキスはしてたのです。

さらに、もう1人仲良しの女性がいました。名前が(仮)チエです。高校2年生の時に僕の友達と付き合ってたのが、きっかけで知り合い仲良くなりました。

チエとも、2人で遊んでいたのですが、キスをしたり手を繋いだりした事はありませんでした。「彼氏以外と、キスをしたり手を繋ぐ事はしないよ!」と、言っていたのです。

年上の彼女がいる事は知っていたのですが、良く遊んでいましたし、平日に夕飯を食べにいったりしていました。

ユウコとチエは、お互いの事は知っていたのですが、高校の時もあまり話をして無かっし、お互いの連絡先も知らない関係だったので、僕もお互いと遊んでる事は秘密にしてたのです。

僕がアメ車を買って、すぐに家の見にきたのはユウコでした。納車した日は彼女が来る予定だったのですが、出張で来れなくなってしまい代わりにユウコが来ました。

納車した日から数日間は、交互にユウコとチエとドライブに行っていました。仕事が終わると連絡が来て、「夕飯を食べに行こう!!」と、誘われていました。日替わりなのでガソリン代の出費で数万円が出ていきました。

彼女が出張から帰ってきた日は、さすがに誘いを断りましたが、それまでの4日間は交互に遊んでいました。

「おかげで寝不足です!!!」

次の日彼女に、買った車を自慢するために見せに行ったら、そのまま夕飯を食べに行く事に。

助手席に乗った彼女が乗った瞬間に言った言葉が「車の中、女の人の匂いがする!!」と、言われて「やっべ~~!!。掃除したんだけど!!」と、思ったのですが、「気のせいでしょ!!」と、言ってごまかしました。

その日は彼女の家に泊まったのですが、彼女が疲れていたのでキスだけして、お互い寝てしまったのです。

次の日の夜は、チエと会う約束をしていました。しかし、チエはキスもした事が無いので昨日セックスできなかった僕にとっては、欲求不満を抑えなくてはならない時間でした。

夕飯を食べたら「夜景が綺麗な場所を教えてもらったから、夜景を見に行こうよ!!」と、誘われました。

「少しだけね!」と、言って夜景の綺麗な場所に着いたら、僕達だけでした。

平日の夜で、山の頂上の近くだったのもあり、他に車はありませんでした。2人で車の外から夜景を見ることになり、外にでて道に座って見てました。

仕事の話や、僕の彼女に話をしながら30分くらい経過していました。「そろそろ帰ろう!」と、なり僕が立ち上がったら「足がしびれて立てない」と、言ってきたのでひっぱりあげたのです。

その時に、チエがよろめいて、僕が抱きかかえて倒れないようにしました。

「大丈夫!?」
「うん!大丈夫!!ビックリした~!」
「それはこっちのセリフだよ!」

と、会話をしてたら、いきなりキスをしてきました。今まで「彼氏としかキスしないよ!」と、言ってた女性が、彼氏でも無い僕に急にキスをしてきたのです。

「どうしたん?」
「さっきのお礼だよ!」
「あ、ありがとう笑」
と言い車に乗りました。今度は僕の方からキスをしたら嫌がらずに、ディープキスまで自然になってしまいました。

昨日の今日で欲求不満は、我慢できませんでした。

チエのおっぱいを揉んだら、思ってたよりも大きくて、ビックリしました。

服の中に手を入れて、生おっぱいを揉んだら「うっうんっん」と、普段では考えられない可愛い声を出していました。

チエが「やりたくなっちゃった」と、まさかの発言!!

僕も我慢できなくなったので、3列目のシートに移動しました。

助手席で上着は脱がしてしまったので、おっぱいが丸見えのまま移動でして、僕も服を全部脱ぎました。

お互い全裸になったのですが、車内が月の明かりに照らされて、僕が膣を舐めてると、恥ずかしそうに、こっちを見てるチエの顔がハッキリみえました。

膣を舐めるときに分かったのですが、毛を脱毛していたのでパイパンになっていました。

膣を指で開いて舐めると
「あん」
「あっいい。きもちいい!」
「うっんっううんっあああん」
と、可愛い声を出します。

シートを汚したくなかったので、指は入れませんでしたが、べチョべチョになっています。

「私もチンコ舐める!」と、僕のチンコに手をのばしてきました。僕も、もっとチエの膣を舐めたかったので、69の体勢になって舐め合うことに。

フェラがとても上手く、吸いながら口でピストンされてしまい危うくイきそうに。

「もうイクからダメ!入れる!!」と、言って入れました。

「あああっうっうっおっきい!!」と、僕の体に力いっぱい抱きついていました。

「あんあんああんあんあんあああっダメ!」
「きもちいっいあん!」
「ダメッ!ダメッ!ダメッ!」
「イク~」
と、言いながらチエがイってしまい、僕も勢いでそのまま生中出しでフィニッシュしてしまいました。

チンコを抜こうとしたら「まだチンコを抜かないで!」と、言われてチンコを入れたままキスをしてチンコと膣の間から精子が出てきてしまったので、チンコを抜きました。

少しイチャイチャしてから、その日は帰宅しました。

チエとセックスした次の日は、ユウコを遊ぶ予定だったのですが、車内を掃除したかったので1日ずらしてもらい、車内を綺麗にして証拠隠滅をしたのです。カーセックスすると、車内に匂いが残ってしまうので、色々としないと他の女性を乗せた時にバレてしまいます。

仕事が終わってユウコと合流して夕飯を食べに行きました。待ち合わせ場所はいつも決まって、ユウコの会社の駐車場なのでそこまで迎えに行きます。

夕飯を食べ終わって、車が止まってる駐車場まで戻ってきたので、いつもと同じようにキスをしてバイバイしようと思ったのですが、先日のカーセックスが思いのほか快適だったので、キスしながらユウコのおっぱいを揉んでみました。

前も、揉んだ事はあるのですが、嫌がられたので1年ぶりくらいです。今回は嫌がらる様子もないので「セックスしよ!」と、誘ったら「・・・・・。うん。いいよ!」と、ちょっと考えたみたいですがOKもらう事ができました。

「私魅力ある体じゃないよ!」と、言ってきたので、服を脱がしながら「そんな事は無いよ!だって乳首立ってるよ!」「恥ずかしいから見ないで!!」と照れた顔も普段以上に可愛くなっていました。

Bカップくらいの可愛いおっぱいですが、乳首を軽く舐めただけでイってしまい、ちょっとビックリ!!

とても感じやすい体なのです。

「乳首あっあっダメ!!イっちゃあっう」
「本当にっあ乳首はっあっダメ!!」
「ダメっイクっ!」
と、こんなに感じる女性にだったとは、もっと早くセックスしておけば良かったと後悔しました。そうすれば、ラブホでとことんイかせる事ができたのに!!

パンツを脱がせて、舐めようとしたら「今日は生理の最後の日だからダメ!!」と、言われてしまいました。

「でも、濡らさないと、入らないよ!」と、伝えたら「私がチンコをべチョべチョにするから大丈夫!!」と、言ってフェラをしながら唾液でベトベトになり、その状態で膣に入れました!

いじって無いのに膣がベットリ濡れいて、すんなり入ってしまいました。
「あっんああ!」
「ダメ!!おおっっきい!」
「イク!ああっあイクッ!!」
入れただけで、イってしまいました。

僕は全然イク気配が無いので、ユウコが何度イっても腰を振っていました。

「あんっあんっああ」
「あんあっああああんっ」
「うんっあううあんあ」
「もうっあんむっりっああうん」

て、言われてしまいイけずにセックスが終わってしまいました。20分くらい腰を振っていたのですが、イク事ができませんでした。

ユウコは疲れきってしまい、暫く動く事ができなかったので、朝方まで車内で寝てから帰りました!

「ヤバイ!昨日は超~気持ち良かった!」と、喜んでいくらので良かったです。後日ラブホに行って、僕もユウコに生中出しをする事ができて満足しました。

彼女には、カーセックスをしてる事をバレないように車内掃除ばかりしていました。暫くは、ユウコとチカとカーセックスをしたりラブホに行ったりしてたのですが、2人とも彼氏ができてしまい、会う事が減ってしまいました。

彼女が転勤になってしまいしまい、そのタイミングで別れる事に。

彼女とは、カーセックスをしませんでしたが、彼女はアナルセックスが好きな女性でラブホに行くと必ずアナルセックスをしていました。

僕の目の前で、彼女自身が自分で、浣腸をしてる女性を見るのはすごく興奮します。でも、カーセックスも外に誰かきたら、車内の声が丸聞こえですので、背徳感がすごく興奮します。

今はカーセックスをする事はありませんが、19歳の時の良い思い出です。