キャバクラでキャバ嬢に名前を直ぐに覚えてもらう方法!キャバ嬢と付き合ってた男が暴露します

Uncategorized

キャバクラに行った時に好みのキャバ嬢を見つけたけど、1回会っただけで名前を覚えてもらうなんて無理だと思っていました。キャバ嬢は毎日何十人の人と話をするので、常連客になれば覚えてもらえると分かってるけど、お金に余裕が無いから毎週行く事も出来ないし。

「どうすれば、キャバ嬢に覚えてもらえるだろう?」と、悩んでる方もいるかもしれません。

キャバクラが好きな人じゃなければ、頻繁に行かないと思います。行く時は付き合いで行く事がほとんどだと毎回行く場所が違ったりと、1回切りの場所なんて沢山あるでしょう!

たまたま入ったお店に好みのキャバ嬢を見つけたら、気になってしまいますね。

好みのキャバ嬢に会うためにキャバクラに通うようになるかもしれませんし、彼氏がいなければアタックして恋人になれるかもしれません。しかし、その前に名前を覚えてもらわなくてはならないのです。

名前を覚えてもらうにしても、特徴が無ければキャバ嬢はこちらの事を覚えてくれるまでに、時間がかかってしまいます。

「1回で覚えてもらえれば、嬉しいですが中々難しいのが現実でしょう!」覚えてもらえたとしても、1回切りしか行かなければ忘れられてしまいます。

気に入ったキャバ嬢を見つけたら週1回くらいのペースで行ければ良いですが、金銭的に厳しい場合もあったり、仕事の関係で毎週行けない人もいると思います。

そんな時には、どうすれば早く気に入ったキャバ嬢に名前と顔を覚えてもらうかが、勝負になってきます。あなたが今、気に入ったキャバ嬢を店で見つけて名前を覚えてもらいたいなら、このページを読むことで、キャバ嬢に名前を覚えてもらえるようになります。

私も少し前にキャバ嬢と付き合っていた事がありますが、キャバ嬢が普段どのように店に来るお客様の事を覚えているかも知っています。この方法を知れば、あなたも簡単に気に入ったキャバ嬢に名前を覚えてもらう事ができるようになりますよ!!

キャバ嬢はお客様の名前と顔を覚える事に必死!!

キャバ嬢はフリーで来たお客様が次にいつ来るか分かりません。次の日に来ることもありますが、1回切りで来ない事もあるのです。

しかし、次に来店した時にお客様に「久しぶり!」と言わる事もありますので、毎日新しいお客様が来て帰った後は、お客様の特徴をメモしてるのです。でも、みんなの前でメモなんてしてる時間は無いので、トイレに行った時や控室に戻った時にメモ帳にメモしてるのです。

実は、キャバ嬢はお客様の情報を必死に覚えているのです。会ったことがある男性に初めまして。なんて言ってる女性ではキャバクラで働くことは出来ません。

キャバ嬢が実際にお客様を覚える時にやっている事を紹介します。

お客さま記録用ノートに記録する

毎日新しいお客様が来るキャバクラでは、どんどんお客様を覚えて行かなくてはなりません。なので、記録用ノートに店に来たお客様の特徴をまとめておくのです。

自分が付いたテーブルのお客様のデータをノートに記録しておくことで、LINEやメールで営業をする時にも、どんな人だったか直ぐに分かりますし、前回いつ来店したか覚えておくとお客様も喜んでくれます。

記録しておく特徴は、お客様の名前や外見やその日に着て来た服装や趣味、それに住んでる町や仕事など自分がそのお客様との話の中で聞いたものを記録しておきます。人間の記憶はどんどん曖昧になっていきますので、時間がある時で良いや!と思ってると結局ほとんどのお客様の情報を忘れてしまうのです。

店で記録をする時間が無いと家に帰ってから、仕事中にメモしたもの見返しながら今日のお客様との会話を思い出し、ノートに記録をしていくのです。

簡単な絵が書けるキャバ嬢は簡単な似顔絵を一緒に書くことで、一目でどんな人か分かるようになっているのです。最初は覚える事もたくさんある中で、お客様の情報をノートに記録を取るのは大変ですが、ほとんどのキャバ嬢がその日にメモった内容をノートに記録していきます。

常連さんであれば、その男性の事は分かっているのでノートに記録する必要はありませんが、毎日来るお客様がいつ自分を指名してくれるお客様になるか分からないので、しっかりノートに記録をしておく必要があります。

お客様を写真撮らせてもらうか、一緒に写真を撮る

久しぶりに店に来るお客様だと顔は分かるけど、名前が出てこない事もあります。

そうならない為に写真を撮っておき、写真を現像して裏に名前を書いて記録用ノートにお客様の情報と一緒にノートに貼っておく事で、似顔絵よりもハッキリ顔を覚える事ができます。しかし、写真を撮らせてくれるお客様は少ないのです。

お酒を飲んで酔っ払ってる人は、比較的承諾してくれる人が多いですが、お酒を飲んで無い人は「なんで?」と疑問に思ってしまうかも。

でも、疑問に思う人がいて当然なのですが、キャバ嬢はお客様の情報の記録用ノートの事は、お客様に言う事は出来ませんので、上手く理由をつけて写真を撮らせてもらうのです。

「写真を悪用される心配」「顔をさらされる不安がある」など、写真を撮らせてもらう時にお客様に心配させない様にしなければなりませんので、写真を撮らせてもらうのは、とても大変なことなのです。

どうしてもお客様の名前が分からない時や、思い出せない時は

キャバ嬢でも来たお客様を記録し忘れてしまう事はあります。そんな時に限って「久しぶり!」などと言われてしまい、誰だか思い出せない時も。

そんな時は、会話の中で必死に思い出そうとしてるのですが、焦ってしまい思い出せない事もあります。

そんな時は正直にキャバ嬢が「すいません。お名前が思い出せません。」と、言えれば良いのですが、そんな事を言ってしまってお客様が怒って帰ってしまう可能性もあるので直接聞きづらいのが本音です。しかし、キャバ嬢も思い出すのにやってることがあるので、その3つを紹介したいと思います。

お客様の名前を他のキャストに、そっと聞く

席を立った時などに、他のキャストにそっと聞いて名前を教えてもらうのです。

自分が休みの時に店に来ていたり、お客様が店に来るタイミングが合わない時もあるのです。数人のキャストに聞くと、だいたい誰かがお客様の名前を覚えていてくれるので、他のキャストが名前が分からないと聞きに来た時は、自分がお客様の名前を教えてあげたりと助け合っているのです。

しかし、目立つ所で堂々とお客様の名前を聞くことは出来ません。他のキャストもお客様の名前を忘れてしまう事はあるので、一緒に席を立った時は名前の確認をしてる時もあるのです。

お客様の名前をボーイに聞く

黒服と言われたりボーイと言われたり店によって違いますが、キャバ嬢はボーイにお客様の名前を聞くこともあります。ボーイは常連のお客様の名前は覚えていますが、あまり店に来ないお客様の名前を覚えてる事はほとんどありません。

しかし、他のキャストの常連さんの場合もあるので、ボーイにもお客様の名前を聞くこともします。いつも指名してるキャストが休みの日に固定のお客様が来ることもあります。

普段ヘルプで座らないお客様の場合は名前が分かりません。でも、普段来てるお客様の顔を知ってる以上は名前を聞くことは失礼になってしまう事も。そんな時は、テーブルに着く前にボーイに事前に名前を聞く事で、すんなりとお客様と会話を始める事ができます。

キャバ嬢が名前を知らなくても、お客様が名前を知ってる場合もあります。

さらに、常連さんは普段テーブルに来ないキャバ嬢が自分の名前を知ってるとビックリもしますが本音は嬉しいのです。キャバ嬢は男心を操るのが上手なので、男性がどうすれば喜ぶか心得ているのです。

お客様に正直に名前を聞く

他のキャストに聞いたりボーイに聞いても、分からない時はどうしてもありますので、そんな時は直接お客様に名前を聞いてるのです。しかし、顔を覚えていたり前回店に来た時に話をした内容を覚えていれば、それをネタにすれば名前を聞きやすくなります。

全く何も情報が無い状態で「すいません。お名前を忘れてしまったので教えて下さい。」と、言ってしまうとお客様は前回キャバ嬢と話をした事も、忘れられたと思ってしまい失礼になってしまうので、聞きにくくなってしまいます。

でも、顔と前回店に来た時に話をした内容を覚えていれば、「すいません。前回来店してくれた時に友達同士3人で来たことは覚えているのですが名前を忘れてしまいました。」と、正直に言う事でお客様もすんなり名前を教えてくれます。

その時に連絡を交換してなければ連絡先をしてしまい、今まで以上に仲良くなるタイミングでもあるのです。写真が撮れれば、一緒に撮るなどして忘れない様にすれば良いのです。ちょっとした事で今まであまり来なかった方が、常連さんになる事もあるのです。

1回店に行くだけでも名前を覚えてもらう方法がある!!

キャバクラで働いてるキャストは、みんなそれぞれのやり方で必死に名前を覚えています。

それでも、店に行く期間がしばらく空いてしまうとキャストとも忘れてしまう事もあるのです。そんな中でも、1回で覚えてもらえれば嬉しいですね。

キャバ嬢が1回で名前を覚えられる様にしてあげるのも優しさですし、1回で覚えてもらえれば少し店に行く期間が空いても覚えていてもらえます。キャバクラに行った時に気に入った女性がいれば、直ぐに覚えてもらえるようにしておくと次に店に行った時も、友達みたいに直ぐに前回の続きから話を始める事ができます。

普段キャバクラに行かない方でも、付き合いで行った時に好みの女性がいる可能性もあるので、覚えておくとキャバ嬢に1回覚えてもらえます。

名刺を渡す

ビジネスなどの場でも名刺交換の機会は沢山ありますが、キャバクラでも自分の名刺をキャバ嬢に渡して名前を覚えてもらう方法です。この方法が1番一般的な方法で、キャバ嬢も覚えやすいです。

しかし、ほとんどの人の名刺に社名が入っているので、悪用されてしまうと怖いと思ってしまう人も中にはいます。

キャバ嬢からすれば1つの名前を覚えるための情報になるので、名刺1枚もらえるだけでも、名刺が無いよりも名前を覚えやすいのです。さらに1つの工夫をするなら、一緒にボールペンやシャーペンもキャバ嬢に渡してこちらの特徴を書き込んでもらったり、裏をメモとして使ってもらう事でよりキャバ嬢の記憶に残りやすくなります。

たった1つ気遣いが出来るだけでも、あなたは他の人との違いを出せるのでキャバ嬢からのイメージアップにもなります。さらに、あなたの事も覚えるのが早くなりますので、名刺を持ってる時は名刺を渡した方が早く名前を覚えてもらえますよ!

名前で呼び合う

キャバ嬢と名前で呼び合う事も、名前を早く覚えてもらう方法の1つです。

1タイムや2タイムの限られた時間の中で、何度もお互いを名前で呼び合う事で記憶に名前が残りやすくなるのです。名刺を持ってないと相手に渡せる物がありませんので、限られた時間の中で名前を覚えてもらわなくてはならないのです。
だからこそ、キャバ嬢に名前を覚えてもらいたいなら、自分から「名前は〇〇だから〇〇って呼んで!」と、自分から名前を呼んでもらえる様に話をするのです。

キャバ嬢に名前を聞かれる前に名前を言ってしまう事で、キャバ嬢も「私は〇〇だよ~!」と言ってくれます。

しかし、キャバ嬢の場合は本名ではなく源氏名ですが、本名を聞くのは失礼になるのでこちらは源氏名で呼んであげましょう。初対面では、キャバ嬢はこちらの名前を呼ぶ事に緊張してしまうかもしれないので、こちらからキャバ嬢に名前を呼びやすい雰囲気を作ってあげることで、キャバ嬢はこちらの名前を呼びやすくなります。

あだ名で呼んでもらう

普段から仲間内などで呼ばれてるあだ名で呼んでもらう方法も、キャバ嬢に早く名前を覚えてもらう1つです。あだ名の方が友達や親友感が出るので、より身近に感じる事ができるのがメリットになります。

デメリットはあだ名で呼んでもらうので、こちらの本名を覚えてもらいにくくなる事です。
覚えにくくなったとしても、あだ名の方が覚えやすい利点もあるのです。

小学校や中学校の時の友達など街で偶然会った時に、名前が思い出せない時に「〇〇だよ!」て、あだ名を言われた途端に思い出す事もあります。それと同じであだ名の方が、名前で呼ぶよりも親密感が出てより記憶に残りやすくなります。

さらに、ちょっと変わった面白いあだ名で呼んでもらう事で、笑いをキャバ嬢からもらえればもっとこちらの事を覚えやすくなります。

面白いあだ名の場合は、それが話題になって会話が盛り上がる可能性もあります。普段あだ名で呼ばれて無いあなたでも、キャバクラの中だけでもあだ名を使ってみるのも良いと思います。

写真入りの名刺を渡す

1番キャバ嬢に名前と顔を早く覚えてもらう方法が、自分の顔写真がある名刺やカードを渡す事なのです。サラリーマンの人でも名刺に写真が入ってる場合は、名刺に顔の写真もあるので顔と名前は覚えやすく、記憶にも残りやすいです。

名刺だけでは、名前を覚える事ができても顔と名前が一致しなくなってしまう事もありますので、写真入りに名刺なら覚えやすくなるのです。でも、写真入りの名刺を持ってる人は少ないです。

だからこそ、写真入りの名刺はキャバ嬢に与えるインパクトも大きいのです。

キャバクラに行くけど、仕事柄名刺を持つ必要のない人もいると思いますが、いつも同じキャバクラしか行かないのなら名刺を作る必要はありません。

何か所か気分で行くキャバクラを決めているなら、そこで渡す為に写真入りの名刺を作ってみるのも良いと思います。上記でもお伝えしましたが、キャバ嬢はトイレに行った時など店に来たお客様の情報をメモに記録しています。

その中には、顔の特徴も含まれているのです。顔写真が入ってる名刺は、キャバ嬢からしたらお客様を覚える事が1番簡単にできるアイテムなのです。

家に帰ってから記録する記録用ノートに記入する時も、名刺に写真が入ってると顔を思い出すので、どんな話をしたとか、好きな物や嫌いな物や趣味など会話の内容を鮮明に思い出す事が出来るのです。

名刺に写真が入ってるか入ってないかで、会った人の記憶に残る量は全然変わってきます。

好みのキャバ嬢を見つけた時に、相手に早く覚えてもらいたいなら写真入りの名刺を持っていた方が良いでしょう!!

最後に:キャバクラよりも出会い系サイトの方が金額が安い

最後まで読んで頂きありがとうございます。たまたま入った店に自分の好みの女性がいたら、男性なら嬉しいですね。でも、あんまりキャバクラに行かない人は、キャバ嬢と早く仲良くなりたいと思っても行く回数を増やすしかありません。

毎日たくさんのお客様が来店して、お客様を相手にしてるキャバ嬢は、たくさんのお客様の情報を覚えなくてはなりません。お客様の事を覚えるのが仕事でも、たくさんの人が来る時期などは次から次へと来るお客様の事を記憶しておく事は本当に大変です。

フリーで店に来たお客様が、その後に常連さんになる事もありますし、1度ヘルプでテーブルについたことがきっかけで、指名してくれるお客様になる事もあるのです。

いつ指名客になるかも分からないので、いつも店に来るお客様の情報を色々覚えていくのはとてつもなく大変な事なのです。

そんな中で1回店に行ったくらいでキャバ嬢に覚えてもらえる人は、ほとんどいないでしょう!!

どんなにメモや記録ノートに記入しても似顔絵や特徴を書いてるだけでは、その時は覚えたとしても少しずつ忘れていってしまいます。でも、写真入りの名刺を渡すだけでも、記憶にとどまる期間はとても長くなります。

だからこそ、キャバ嬢もお客様に写真を撮らせてもらってるキャバ嬢もいるのです。
あなたが、好みの女性に店に行く回数が少なくても覚えてもらいたいなら、絶対に写真入りの名刺を作る事をオススメします。

でも・・・。名前を覚えてもらってもそこから、仲良くなる為には店に通わなくてはなりません。

ワンタイムでも4000円はしますので、週1回店に行くだけでも月に約20000円弱かかってしまうのです。さらに、1カ月で仲良くなれる可能性は少ないです。

キャバ嬢は、店に来てもらいお金を使ってもらう事で給料をもらっていますので、仲良くなっても店の外で会えるようになるまでに時間がかかれば、かかる程あなたは店で使うお金が増えて行くのです。

でも、キャバクラよりも安く女性と会えて、セックスも出来る場所があれば知りたいですか?

私は現在4人のセフレと毎月遊んでいます。セフレと1回エッチをする金額はホテル代だけなので、5000円~6000円で済んでしまうのです。

キャバクラにワンタイム行く金額と変わらないお金で、セフレとホテルに行って半日だったり1日だったり楽しい時間が過ごせるのです。

あなたが、1カ月で使うお金よりも安い金額で女性と仲良くなりたいなら、出会い系サイトを使ってみる事をオススメします。

私はPCMAXという出会い系サイトを使い始めて4年半が経過しました。世の中では、出会い系サイトは迷惑メールや架空請求など危険なイメージがありますが、私は1度も迷惑メールや架空請求は来たことはありません。

悪質な出会い系サイトはまだ存在しますが、世の中で優良出会い系サイトと呼ばれてるサイトはそのような事はありません。

出会い系サイトに登録する時に年齢認証をするので、18歳未満は登録できないので18歳未満とセックスをしてしまい警察に逮捕されてしまう危険性も無いのです。

でも、危険なイメージを持ってしまってる方はたくさんいます。キャバクラで使うお金よりも安い金額でセフレが出来るなら「ちょっと興味があるな~!」と、思う人は、下のページを見て下さい。

出会い系サイトで、実際に女性と出会いホテルに行ってセックスをした話と、仕事のタイミングが合わなくて食事だけで終わってしまった事を書いています。証拠写真に、私のスマホの画面をスクショして撮った写真もアップしてありますので、見てみて下さい。

キャバクラで使うお金よりも安い金額で、女性と出会いホテルに行くと楽し過ぎてハマってしまいます。

出会い系サイトに登録してる女性は、普段のセックスに満足してないので、欲求不満な女性がたくさんいます。ホテルに入ると野獣のように、男の体を求めてくる女性と出会ってしまうと、ホテルで2人でエッチをしてる時間が本当に楽しい時間になります。

下のページを読んで、良いなと思ったら出会い系サイトを使って下さいね!!

【完全マスター】PCMAXを使って女性に出会いセックスする方法を完全解説2019年完全版